USBメモリにDebianを入れてみる

USB起動できるlinuxが欲しかったのでやってみました。
以前にdebootstrapでディレクトリ別バージョンを入れてたので、同じ事をメモリに試してみました。
とりあえず、ファイルシステムはext4のジャーナルなしにしたので。
mkfs.ext4 -O ^has_journal /dev/sdd1
と入力。
mount /dev/sdd1 /mnt/usb
debootstrap –arch i386 testing /mnt/usb
次にマウントしてDebianのインストール。
今回は32bitのtestingをインストールする為、上のコマンドを実行。
etcの下の設定ファイルを変更し。
etc/fstab
etc/hostname
etc/network/interfaces
fstabでLABEL=/を使用したので、パーティションにも名前を付けました。
e2label /dev/sdd1 /
起動するカーネルをインストールする為に、ルートを変更。
chroot /mnt/usb
カーネルは新しそうなの選んで、インストール。
aptitude install linux-image-3.2.0-4-686-pae
最後にchrootから抜けてMBRにgrubをインストール。
grub-install –root-directory=/mnt/usb /dev/sdd
と、前のgurbならmenu.lst書けばよかった気もしますが、grub2からはだめみたいですね。
メモリにgrub2をインストール。
update-grub2を使うには/devが使えないとだめみたいなので、
mount –rbind /dev /mnt/usb/dev
/devをmountしました。
update-grub2実行すると、無事設定ファイルが出来ました。
USBから起動すれば完了。
最低限のものはインストールできてるので、あとは必要なものが出てきたらインストールします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました